子育てっておもしろい Ehime Child's Castel えひめこどもの城トップページへもどる
 

親子の絆
もどる つぎへ

1.そったく同時 〜トコトン一緒〜 《相談コーナー》
 玉ころがしに没頭している2歳児にむかって、わたしが「 ありゃーん、ありゃーん、かたかた」と語りかけていきます。はじめは不審顔だった子どもも、やがて「アリャーン、アリャーン、カタカタ」と、私の声に唱和し始めてくれます。もっともらしく言えば両者間に気持ち、意味の共有が成立しはじめたわけです。当然、わたしはわたしで「しめしめ○○も、捨てたのもではない」と悦に入ります。後ろにママの笑顔がこぼれます。すると不思議なことに、子どもの気持ちといっしょに、ママの気持ちも見えてくるのです。

 ところで、魯鈍なわたしの教育実践・研究も、いつしか50年の馬齢を重ねてしまいました。今やっとこさ、しかも青息吐息の形で、子育てや教育を理念で語ることはできても、そのこと自体は非力そのものである。理論や理屈はあるにこしたことはないが、無くても子育ては立派にできるとの原理にたどりついたのです。するとむしょうに、素っ裸のスッポンポンになって、今一度、子どもといっしょに呼吸をしてみたくなりました。

 そんな時えひめこどもの城が開園されました。そして児童健全育成活動の一環として児童館の中に「相談コーナー」が設置されたわけです。その趣意は、建物や施設(ハード面)が具備する諸機能を万全の形で発揮するためには、同時平行的に、それを駆使する人間の気くばり(ソフト面)が絶対不可欠であることに着目したところにあります。

 もとよりここは診断、指導、教育機関ではございません。しかしお出になられたすべての人が目を輝かせて来てよかった、希望がわいてきた、また来ようと思っていただくところでなければなりません。それゆえに子育てに関する内容とは、子どもの側だけに限定されない関与者全体にかかわる問題となります。換言するとこれは、「ヒトとヒトとの関係のあり方」を再構築することであるとも言えるでしょう。

 そのためにはわたし自身も、今までの体験とか知識をかなぐり捨てた無の境地、愚直に撤しきれるように自分自身を変える覚悟をしなければなりません。新設間もないここえひめこどもの城の中で、こうした大願望がほんとうに形あるものとして具現できますかどうか。いずれ、ご覧になって下さいますよう心からお待ちいたしております。

平成11年6月1日
 
もどる つぎへ





●● もくじへもどる ●●
親子の絆
1.そったく同時
〜トコトン一緒〜
《相談コーナー》
2.親の背中
〜真の学習とは〜
《森の迷路》
3.同行共育(教育)
〜山路越え〜
《てっぺんとりで》
4.自立(自律)
〜親切、不親切〜
《ふれあいの池》
5.親子関係
乗り越えられる〜
《卓球コーナー》
6.自己教育力
〜ただひたすらに〜
《パソコンコーナー》