子育てっておもしろい Ehime Child's Castel えひめこどもの城トップページへもどる
 

思いやりの心
もどる つぎへ

1.求同存意 〜最大の敵、そして味方〜 《森の広場》
 ここは「森の広場」です。すべり台上で2歳くらいの男児が泣き叫んでいます。この期の子は上りに比べて下り坂が苦手です。おばあちゃんは「すわこそ、孫の一大事」と「ママはどこにいるの」とあたりを見回しています。しかし怒った顔つきのママは知らんぷりです。孫、実子という関係の違いで、同じ泣き声でも両者の対処法は異なるわけです。

 孫が心配でたまらないおばあちゃんは、「かわいそう。ママ、下ろしておやり」と怒鳴ります。しかしママは弟の世話に懸命の様子です。それでもたまりかねてすべり台に手をかけたおばあちゃんには、「やめてください・・・」と大声で応酬しました。その目は「この子のしつけはわたしがします。ほっといて」と怒っているようです。負けてはならじとおばあちゃんは、「ママは鬼みたい」とブツブツつぶやいています。遺恨20年。嫁姑戦争の再開のようです。いずれにくみすべきか、台上のこどもの泣き声には拍車がかかります。

 ともあれ、子どものしつけをめぐる養育者相互のかかわり方の問題は、昔も今も不変の課題です。しかし錯覚してはなりません。歌の文句じゃありませんが、しょせん人間は生まれたときも死ぬときもひとりぼっちなのです。そしてそれぞれに厳然とした「違い」を持って生きているのです。にもかかわらずわたしたちは夫婦、嫁姑、親子という関係の中で「まったく一緒でなければ・・・」との難題を、自分勝手の思いの中でどれほど相手の側ばかりに押しつけていることでしょうか。

 しつけの一貫性で最も重要なことは、養育者同士が「相手との違いを認めつつ、どのように自分を変えて同化していくか」、いわゆる格言「求同存異」にかかっているのです。そのためにもわたしたちは、「最大の敵、最大の味方」としての最も身近な人と時に対立したり抗争したりしつつ、さらにはお互いの傷口をなめあう形を通し、何がなんでもしつけの一貫性をむしり取らなければならないのです。

 えひめこどもの城はこどもの遊び場だけでなく、わたしたち大人の変身の場としても用意されているのです。すなわちここでわたしたちは子どもを好ましく発達変化させるためには、まず自分自身が先に変身しなければならないことを学ぶわけです。

平成11年10月1日
 
もどる つぎへ




●● もくじへもどる ●●
思いやりの心
1.求同存意
〜最大の敵、そして味方〜
《森の広場》
2.立役者(主人公)
〜すっぽんぽんのすっ裸〜
《じゃぶじゃぶ水路》
3.人そのもの
〜おばあちゃんになりたい〜
《冒険の丘》
4.意味の共有
〜袖(そで)すり合うも〜
《多目的ホール》
5.バリアフリー
〜あたりまえのこと〜
《モノレール》
6.不易と流行
〜心を育てる〜
《パソコンコーナー》