子育てっておもしろい Ehime Child's Castel えひめこどもの城トップページへもどる
 

社会性・やる気
もどる つぎへ

1.場の雰囲気 〜これ以上はダメ〜 《芝生広場》
 芝生広場から児童館に向かう途中、「この階段、何段あるの?」と問いかけても、A君は無言です。「72段?」とわたしがつぶやくと、「うそだい。63段だよ」。知らないふりをしながらちゃんと知っているのです。しかも危ないことも承知の上で・・・。階段外側の崖っぷちをわざわざ歩くのです。「これ、これ。危ないよ」としがない言語的指示がつい出てしまうのも、長い教師稼業で身についた悲しい性(さが)なのでしょうか。

 もともと本園では遊びという日常生活の具体の中で、その場の雰囲気がわかる子が育って欲しいと願っています。最近は「モノとヒトとの区別がつきにくい」「友だちとうまく遊べない」「いきいきと会話ができない」「感情表現が貧困である」など、社会性の発達に問題を持つ子が増えているように感じられます。これへの有力な対処策は、どのようにして豊かな遊び体験を蓄積するかにかかっているわけです。

 ある時期からわが国の教育は、「より正しく、速く、多く」知識や技能を習得させることに血道をあげてきました。そして結果的に、お勉強のできる子どもは心も育っているはずであるとの満点至上主義の教育観を招き入れました。しかし連日のマスコミ報道では殺人事件に連座する少年たちの悲劇や、いじめ、登校拒否、学級崩壊、児童虐待、自殺に直面する学校教育の苦悩が後を絶つことなく報じられています。

  今、わたしたちは「いくら学力を高めても心は育たない」「うまく転ぶことさえできない」、モヤシのような子どもの現実を前にしつつ、百点、満点至上主義が瓦礫(がれき)のごとく崩壊するのをただ呆然として見つめているのです。

 この教育危機打開の1方法は「ここまではよいが、これ以上はダメ」とする手加減の感覚、相手への思いやりの心の育ちに内在していると考えられます。これは点数化できるものではありません。「今、ここに」の場面、モノやヒトとの具体的なかかわりを通してのみ習得可能となるものなのです。えひめこどもの城での「あまり教えない、口を出し過ぎない」「子どもの行動が1歩先んじ、大人の行動が一1歩遅れる」を信条をする、遊び、体験学習の真価もかかってここにあると思われてなりません。

平成11年12月1日
 
もどる つぎへ





●● もくじへもどる ●●
社会性・やる気

1.場の雰囲気
〜これ以上はダメ〜
《芝生広場》

2.10年来の同士
〜相手の気持ち〜
《多目的ホール》
3.絶対評価
〜わが子とあの子〜
《あいあい児童館》
4.過保護・過干渉
〜幼児クラブ〜
《ボランティアルーム》
5.内言活動
〜ことばの裏のことば〜
《野鳥の森》
6.独自性・共通性
〜オンリーワン〜
《駐車場》