子育てっておもしろい Ehime Child's Castel えひめこどもの城トップページへもどる
 

自立への旅立ち
もどる つぎへ

1.中央分離帯 〜探索・好奇心〜 《松山側駐車場の階段》
 ここの階段・中央部には、上りと下りを分離するために帯状の傾斜がつけられています。これはコンクリート製ですから、滑り具合はあまり滑らかではありません。ところがそんなことにはおかまいなしに子どもたちの多くは、何がなんでもここを滑降して駐車場に行こうとするのです。当然ちょっとしたスリ傷や、切り傷ができることはめずらしくありません。

 その様態に神経質なママたちからは、「怪我するよ”危ないからやめなさい”」との非難が飛び出します。時に、「パンツが破れても、絶対に買わないからね」との怒声も聞こえます。けれども子どもたちは、大人に「ダメ、イケナイ」と叱責されればされるほど、その遊びがかえって面白くなるのです。「親の言う通りには、絶対やらない・・」。その主役は男女の別なく、やはり三歳時期を節目とするようです

 いわゆるこの年代は、親から教えられた知識・技能以外に、「何だろう?どうなるのだろう?」との好奇心や探索心を駆り立てる時期なのです。すなわち自分の頭の中で「こうすれば、こうなるだろう」との結果が、あらまし予測でき始めたのです。それゆえに階段は歩かず、自分なりの知識や経験に照らして滑降してみるのです。よく考えてみますとこの子たちは、親の言うことが聞けない「困った子」ではなく、まわりとのかかわりに積極性を持った「良い子」なのです。子育てや教育の具体では、このように大人の要求と子どもの思いが、うまく合致しない場面が数多くあります。だがそれは子どもの罪ではなく、こここそ体験学習の絶好の機会と考えるべきです。

 今、まさに分離帯を滑降しようとする男児の足元では、一匹のみみずが断末魔の苦しみにのたうっています。群がる蟻に体液を吸い取られているのです。まわりには干物と化したみみずの死骸が散乱しています。ことほどさように、命の終焉(えん)には殺伐さが滞うものです。その光景を見咎めたママは、思わず「そんな汚いものを見ては、ダメ」と絶叫します。これも本来的にやさしさを担う、親心の発露なのでしょうか。

 しかしそうした思い以上に、私は子どもの次のつぶやきに、背筋が震えるような共感を覚えるのです。「ウーン。みみずの頭はいったいどちらなの?なかなかわからへん」。この五歳児は自分の前頭葉、自分のことば(内言)を通して、みみずの骸を見つめているのです。この生きざまは大人からの教えにすがりつく、「指示待ちの子」では実現不可能です。えひめこどもの城が期待する子ども像も、かかってここにあるのです。

平成16年12月1日
 
もどる つぎへ




●● もくじへもどる ●●
自立への旅立ち
1.中央分離帯
〜探索・好奇心〜
《松山側駐車場の階段》
2.花落ちて、花開く
〜感性の育ちこそ〜
《通谷池周辺》
3.落葉帰根
〜植物の育ちと子育て〜
《四季の森》
4.恐怖心
〜泣かせると喜ばれる〜
《お化け屋敷》
5.今、ここに
〜17分間の会話〜
《カリヨンモニュメント》
6.心って?
〜人と人との関係の問題〜
《周遊園路》