子育てっておもしろい Ehime Child's Castel えひめこどもの城トップページへもどる
 

情緒を育てる
もどる つぎへ

1.絶対的信頼感 〜アルバムの厚さ〜 《幼児コーナー》
 園内で撮影フラッシュが最も多用されるところは、たぶん幼児コーナーでしょう。驚くなかれ泣く、飲む、眠ることが商売であった新生児たちは、生誕後1カ年足らずで「はい、ポーズ」の声に満面笑みをたたえ、けな気にも反応できるようになるのです。すると親御さんたちはもうメタメタの心地です。「おー、おー」と声にならない声を発しつつ、懸命にシャッターを押し続けます。つまり親子の信頼感に裏打ちされた気持ちのやりとりを楽しんでおられるわけです。いや正しくは子どもの反応にしびれた親が全心身を投入しつつ、せっせと子どもにかしずいているわけです。

 ところがこの場面に、わたしがしゃしゃり出てカメラマン役をつとめることになりました。とたんに「あっ、変な奴」と赤ちゃんの顔が曇ります。母親との接触が豊富な赤ん坊ほど人見知りは強いようです。涙なんか流して泣こうものなら、ママは「おーおー、ごめんごめん」と抱っこして揺すったりさすったりです。それでも内心はわが子が「ママこそ命と思っている」と有頂天になり、ルンルン気分です。ところでもともと母親は崇高な母性愛なるものを、生得的に具備しているわけではありません。このことはコインロッカーや長女毒盛り事件、急増する幼児虐待などからも明白です。

 すなわち母性本能は「かわいい、かわいい」と子どもにかかわっているうちに、徐々に養われて育ってくるものに他なりません。ゆえにもっとも重要なことは「快」「好き」「楽しい」などの情感に支えられての、子どもとの具体的な接触とその豊かさにあるわけです。

 第一子の時には5冊にもなったアルバムも、第三子の時はたったの1冊なのです。しかし親子のかかわり体験は量ではなく質なのです。ファインダーを通し目と目を見合わせながら、絶対的な信頼関係をどう形成するかの問題です。

 そのためにもこの期の子どもには ○ほほ笑みの交換や、指さしができる ○まわりの人、特に母親の言うことがわかる ○友だちとごっこ遊びができるなどが、重要不可欠の発達指標となることでしょう。えひめこどもの城での遊びの体験はこうしたかかわりを、母子関係の一環として具体的に体得するために用意されているのです。

平成12年10月1日
 
もどる つぎへ





●● もくじへもどる ●●
情緒を育てる
1.絶対的信頼感
〜アルバムの厚さ〜
《幼児コーナー》
2.母子一体
〜おむつ軍団〜
《授乳室》
3.核家族
〜ああ。異年齢交流〜
《親水護岸》
4.聴覚映像
〜聴く読書〜
《図書コーナー》
5.感受性
〜生(なま)体験こそ〜
《ふれあいトンネル》
6.知行合一
〜ウグイスの谷渡り〜
《屋外トイレ》