子育てっておもしろい Ehime Child's Castel えひめこどもの城トップページへもどる
 

つけたりの断章
もどる つぎへ

1.「逆縁の菩薩」〜挫折や失敗体験こそ、命〜 《某研究会々報》
 或る日、かつて経験したこともないきびしい呼吸困難を起こしました。次第に意識も定かでない状況下、第三次救命救急センターの診察室はきわめて印象的でした。「診察三分。待ち時間三時間」とは、大病院の日常性をうまくとらえております。が、当センターでは息も絶えだえの一人の患者に向かって、多数の医師・看護師・診断機器がわっと押し寄せてくるのです。そして寸秒を争う形で、関与者相互の連携プレーが展開されるわけです。最新のCTやMRI を駆使する先駆的医療スタッフの、人の生命に対する的確な洞察力と決断力は、まさに専門職としての力量そのものです。これによって患者さんの病状は、改善されたり悪化したりもするわけです。

  私の場合は約一時間余りで、診断結果が出たようです。あまり耳慣れない病名は「肺梗塞」でありました。そしてそのことを主治医は病室への搬送エレベーターの中で、「診断がかなり難しかったのですが、早々に病名が確定できて良かったですね。このことはあなた自身の幸運なのですが、私にとってもたいへん嬉しいことなのですよ」と告げてくれました。正直なところこのことばで、「よーし。“このドクターに命あずけた」とばかりに、私の精神状態は急変したようです。

  医療や教育の世界にあっては、相手への共感的な関与態度が最も重要であることはいうまでもありません。ここには強者としての「世話する者」、弱者としての「世話される者」の区分は存在いたしません。両者の間に横たわるものは、「とことん。いっしょになり切る」共生的な連帯感そのものであります。そのことを私の主治医は、無意識のうちに実践なさっておられたわけです。ほんとうの意味での名医とは、冷厳な科学的知識や経験に加えて、患者といっしょになって共感できる心を持つ人のことをいうのでしょう。

  入院当初、獅子身中の虫としてのわが心臓は造反を繰り返すばかりでした。本来リズミカルであるべき脈拍は、二拍はおろか三拍さえも休止してしまうのです。当然その様態は別室の機器で、昼夜を分かたずに監視されていたようです。そしてその時々の医療措置のために、私のベッド・サイドにはたくさんの医師や看護師が出入りされた模様です。朦朧とした意識の中ですが、その人数は約十五名ほどになったでしょうか。ここでやむなく弱者の立場に立った私は、自らの感覚系を総動員しながら、患者に対する医療現場独特の雰囲気を本能的に察知しようとしていたのです。そして結果的にここで働く人々は、「身体だけで」と「身体と心がいっしょ」の二群に大別されるように感じました。当然のことですが、患者の側から期待される関与者像は後者に属します。それゆえに専門職と呼ばれる人とは、そうした心情が本人にとってどれほどに切なく哀しいものであるかを、あたたかく共感的に解読できる人のことを指しているのです。

  だが、それにしても、こうした共生・共感・共学的な関与態度を、一貫的に堅持することは容易なことではありません。なぜなら弱者の声なき声に耳を傾けるためには、まず強者としての自分自身を変えることが必要だからです。おろかな私などは死の恐怖におののく身になってみて、初めて素直に自分を変える難事に向き合えたわけです。もちろんこの背景には、病気による挫折感や敗北感が脈々と流れております。しかしそうした「敗者の生きざま」の中にこそ、勝つことのみでは学習が困難な「生きぬく力」「思いやりの心」「意欲・やる気」の真価も横たわるのです。もともと人と人との関係としての「心の問題」は、まさに相手の立場に立ってみないと理解できないことが多いものです。 

  こうした意味で私は、治療・看護・世話される弱者になることで、平素では体得が困難な「逆縁の菩薩」からの授かりものに出合えたのかも知れません。この場合の逆縁の菩薩とは観音菩薩の変身であり、世の多くの人ができるだけ避けて通りたいと願う、逆境や修羅場をあえて提示しながら愚かな人間を救おうとなさるのだそうです。私のつたない病床体験も、その一環であったに違いありません。

  ところで現在の学校教育は、「一点でも良い成績を取ろうと勉強すればするほど、他人の弱点や短所をあげつらうことがうまくなる」「自分良かれ、他人悪かれ」と念じる、冷たい感性の持主が続々と輩出されることに頭を抱え込んでいるのです。これは知的能力(学力)と生きぬく力(思いやりの心・やる気)を知行合一の形で、バランスよく育てる方策がいっこうに見えていない証拠です。

  もともと学業成績と心の育ちは別個のものであるにもかかわらず、それを同一のものと錯覚する原因の一つは、今日の教育論議のほとんどが、テストで測定が可能な勝者の論理に基づく、学力問題だけに強い関心を示すことにあります。当然、逆縁の菩薩が啓示する「生きぬく力」や「弱者の生きざま」は、数値化が困難であるだけに具体的な実践方法は、昔も今も不問に付されがちなのです。

以下省略

平成6年10月23日
 
もどる つぎへ





●● もくじへもどる ●●
つけたりの断章
1.逆縁の菩薩
〜挫折や失敗体験こそ、命〜
《某研究会々報》
2.逃げたらあかん
〜ピンチを転じて、チャンスにする〜
《ミニSL停留所》