子育てっておもしろい Ehime Child's Castel えひめこどもの城トップページへもどる
 

見えない学力
もどる つぎへ

1.「無駄の効用」 〜雑学の強さ〜《竹林》
 今日は「みどりの日」。どこまでも澄みきった青空。ただ、ただ新緑の鮮やかさのみが目に飛びこんで参ります。竹林を渡る微風には、花鳥風月の匂いがムンムンと漂っています。それを胸一杯に吸い込みますと、心身共にさわやかになってきます。自然からの貴重な贈りものとは、こんな癒しのことを言うのでしょうか。未来永劫にわたって大事にしたいものです。

 約35haの敷地をカバーする園内放送が、今日のイベント「筍(たけのこ)掘り」への参加を呼びかけています。歩くだけでも大変な急斜面で親子がいっしょに汗を流しながら、1つの作業を共有しようというのです。もちろんこの企画は、適切な竹林を所有しないと実現出来ません。それだけに本園は自らが背負う責任として、今では容易に体現できない生活や暮らしぶりを、わざわざ意図的に再現しようとするのです。

 筍掘りもその活動の一環ですが、なかなかどうしてこれは重労働です。筍の地上部分を見つけるだけでも一苦労ですが、地中には堅い根っこが縦横に広がっています。これを重い鍬で20センチほど掘り出し、根元部分だけをねらってうまく切り取らなければならないのです。しかし本日の軍団では、この作業に成功する人は皆無のようです。みずみずしくて最も歯ざわりのよい部分を、わざわざ叩き切ってしまうのが落ちです。

 しかしよく考えてみますと、私たちの生活には筍堀りと同様に、失敗してあたりまえのことがたくさんあります。ただ人間が偉いところは、そうした失敗体験にどう向き合うかを学ぶことです。生きぬく力としての知識・技能には、日常生活の生々しい雑学の中で、はじめて身につく側面があることを忘れてはなりません。速い話が筍は一晩に10センチも伸び、10日間で竹になってしまうとの知見も、机上の耳学問だけに終わらない具体的体験に支えられて、本当に掌握できるわけです。このことは「無駄の効用」とでも呼べるものですが、いわゆるペーパーテストが対象とする学力ではありません。

 最近の学力論議では「総合的な学習の時間」が批判されているようです。だが錯覚してはなりません。全国学力調査でも、「正しく朝食をとり、登校前に持ち物を確かめる子は、成績がよい傾向にある」と報告されました。これは幼児期からの生活習慣の問題です。が、この時期での点数化できない「目に見えない学力」の育ちが、やがて学校教育全体の学力をも決定することになりかねません。えひめこどもの城での体験学習は、そのことの重大さを実証するためにも用意されているのです

平成17年8月1日
 
もどる つぎへ





●● もくじへもどる ●●
見えない学力
1.無駄の効用
〜雑学の強さ〜
《竹林》
2.手に仕事を、頭に思考を
〜だったら、全部やってよ〜
《創作工房》
3.鳩の糞(ふん)害
〜親は無くとも子は育つ〜
《光の塔》
4.合計特殊出生率
〜兄弟は他人の始まり?〜
《ボールプール》
5.一緒に遊ぶ人
〜お別れじょうず〜
《児童館周辺》
6.これから、児童館は
〜駆け込み寺〜
《遊歩道》